ダイヤモンド株式会社

brand

BRAND

ブランド紹介

Huskee社
Huskee(ハスキー)社は、オーストラリアのシドニーに本社を置くロースターカフェ「Pablo&Rusty's(パブロ&ラスティーズ)」のオーナーであるサクソンライト氏が立ち上げた会社です。

オーストラリアはカフェ文化が昔から進んでおり、オーストラリア国内では1時間に10万個以上のコーヒーカップが消費されています。世界に置き換えた時に毎年6千億個の使い捨てカップが作られています。その使い捨てカップの99%はリサイクルされずに処分され、オーストラリアでは約6万㎏のカップのゴミが埋め立てられています。

そのような現状を変えるために、「Bring waste, Back to life」(捨てられるものに命を吹き込む)という理念を基にHuskee社はスタートしました。


HuskeeCup



コーヒー業界に従事していたサクソンライト氏は、コーヒーの精製過程に出てくる不要物として大量に処分されている「コーヒーハスク」の現状を目の当たりし、不要物であるコーヒーハスクを利用した見た目に美しい機能的なコーヒーカップを創り出しました。それが「HuskeeCup(ハスキーカップ)」です。

ハスクとは
コーヒーの実から豆を取り出す過程に発生する表皮や殻を総称して「コーヒーハスク」と呼ばれています。コーヒー生産農家の段階でハスクは処分されてしまうため一般的には流通しませんが、毎年世界中で大量に不要物として処分されています。それらの副産物を利用することで、HuskeeCupが作られています。
それは、今まで捨てられていたコーヒーハスクに命が吹き込まれる瞬間です。


視覚的にも機能的にも非常に優れたコーヒーカップ

HuskeeCupが世界50ヵ国以上で愛されています。その理由は、サステイナブルな商品というだけではなく、飲み手を意識してデザインされたコーヒーカップだからです。フタをしていない時の見栄えを意識したデザインに加え、フタをした状態での飲み口の心地良さなど、見た目も実用性も考えて作られています。

世界の有名なカフェやロースターのバリスタ達が、店舗での提供用カップとして、また販売用に利用していることもブランドが世界のコーヒー業界で認知されることになっている要因の一つです。


B Corp認証を持つカンパニー
Huskee社は、米国ペンシルベニア州の非営利団体『B Lab』から『B Corp』の認証を得ています。
『B Corp』は『B Lab』が2006年に始めた認証制度です。認証されるためには、環境や社会への配慮や、透明性や説明責任などについて、同団体が定める5つの分野で基準を満たす必要があります。